神戸女学院大学 文学部 総合文化学科
神戸女学院大学 文学部 総合文化学科
神戸女学院大学 文学部 総合文化学科

総文でとれる資格など

資格養成課程















 

教職課程とは、中学校・高等学校の教員となるための教育職員免許状を取得するための課程です。神戸女学院大学ではその建学の精神を生かし早くから教員養成に取り組んできました。総合文化学科では、中学「国語」、高校「国語」の教職課程および中学「社会」、高校「地理歴史」・「公民」の教職課程が設置されています。
※在学中に「社会」「地理歴史」「公民」と「国語」の両方の教職課程を履修することはできません。この課程は2012年度入学生より履修可能です。






 


 

本学は徹底した少人数教育で、学生一人一人の言葉の力、つまり理解する力・思考する力・伝える力を、総合的に育てています。読む・書く・話すという三領域にわたる〈ことばの力〉を養う「国語」は、すべての教科の基礎ともいえる科目です。少人数の講義や、1年生の「基礎ゼミ」から4年生の「専攻ゼミ」まで、順次、学びを重ねていく〈ゼミ〉を中心に、積極的にあなたの〈ことばの力〉を高めていきましょう。総合文化学科では、現代の日本社会についてさまざまな方面から学ぶとともに、世界の中の日本という位置づけを実感しながら、日本・アジアの文化と歴史を幅広く理解することができます。国語の専門知識だけでなく豊富な知識や問題意識を備えた魅力的な国語の先生を目指して、総合文化学科でともに学びましょう。






 


 

本学科は、中学「社会」、高校「地歴」、「公民」の三つの免許が取得できます。各々の専門分野を含んでいるだけでなく、社会科系教員に是非必要な幅広い分野をカバーしています。又「教育原理」等の教職専門科目だけでなく、更にもっと深く専門的に教育学を学びたい人には、教育学関連の専門科目や各種のゼミがあります。「道徳」の時間や最近始まった「総合的な学習」の時間は、現場の先生も頭を痛めているようですが、これらに関しても本学科で学べることは沢山あります。このようなことは、やはり総合文化学科ならでは、と言ってよいでしょう。 教職をめざす皆さんは、このような本学科の特色・よさを十分に活用して下さい。そうすれば、きっと社会科教諭への道が開けるでしょうし、社会科教育にふさわしい教師になれると思います。












 

精神保健福祉士受験資格を取得したい方へ。

総合文化学科の「社会福祉・子ども」コースでは、精神保健福祉士養成課程を履修することができます。表に示した指定科目の単位を修得すると、精神保健福祉士の国家試験の受験資格が与えられます。さらに、国家試験に合格し厚生労働省に登録すると、精神保健福祉士の国家資格を取得することができます。
精神保健福祉士は、1997年に制度化された精神保健と社会福祉の二つの分野にまたがる国家資格で、精神保健福祉分野で働くソーシャルワーカーのことです。ストレス社会、高齢化社会のなかで、こころの病気になる人が増えてきています。こうした人たちの生活問題を解決するための援助を行い、社会参加や人権擁護を支援する精神保健福祉士は、「こころの時代」と言われる今、重要な専門職として注目されています。










 

日本語教員養成課程を取得したい方へ。

本学では、日本語教育に関する所定の科目(41単位)を取得すれば、卒業時に日本語教員養成課程(副専攻)の修了証を取得することができます。 はじめに確認しておかねばならないのは、この修了証は国家試験の合格証や免許という性格を持たないということです。つまり日本語教師になるのにこの資格を持っていなければならないということはなく、この点で一般の教員免許とは大きく異なります。しかし、機関によっては採用条件としてこの資格を重視するところもありますので、将来日本語教師を目指す人は修了証を持っていた方が無難ではないかと思います。 同課程のおもな科目や単位数など、詳しい情報については、学内で配布される『学修便覧』を参照して下さい。




調



 

社会調査士資格を取得したい方へ。

社会調査士とは、「社会調査に必要な基礎的な知識・技能、相応の応用力と倫理観」を修得したことを示す学部卒業レベルの資格です。この資格は、日本社会学会、日本行動計量学会、日本教育社会学会によって発足した社会調査協会が認定する全国的な資格です。社会調査の方法に習熟することによって、マーケティング、商品開発など、就職に際して自己をより有効にアピールすることができます。

特色プログラム

 最近の社会情勢や社会の大学に対する養成あるいは学生の関心などは、多岐にわたっており、一般教育で形成された学力や学部・学科で習得した専門的知識をさらに社会の様々な分野(職場、地域、家庭など)での実践につなげる力が求められています。
 本学で文部科学省の現代GPプログラムに採択された3つのプログラムを発展的に継承し、学生それぞれが学部・学科のカリキュラムを履修しながら、学部の枠組みを超えたさらに新しい分野について、系統的・重点的に学べるように副専攻制度として整備しました。














 

「① メディア・コミュニケーション」、「② アート・マネジメント」、「③ ホスピタリティ・マネジメント」の3コースです。この中から1コースを選択履修した学生に卒業時「修了証」が与えられます。本制度の目的は神戸女学院のリベラル・アーツ教育を土台に、より幅広い教養を身に付けるとともに、将来のキャリア養成につながる能力を育成することにあります。
>>もっと知りたい!
http://www.kobe-c.ac.jp/cdp/

① メディア・コミュニケーション

雑誌や新聞などのメディア・コミュニケーションの方法を実践的に学び、自分が感じたこと、表現したいことを伝えるライティング能力やプレゼンテーション能力を身につける。

② アート・マネジメント

演劇、音楽、美術、舞踊、映画などの芸術活動を企画、制作、支援するために必要な知識とスキルを修得する。

③ ホスピタリティ・マネジメント

「おもてなし」の本質、「ホスピタリティ・マインド」の重要性について学び、仕事、家庭、地域における対人関係の基礎となるコミュニケーション能力の醸成、実社会で通用する提案力、企画力などを修得する。

留学

 皆さんの中には留学をぜひしたい、あるいはしてみたいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。その方たちが銘記しておくべきことは、少なくとも2つあります。
 1つは留学の準備には相応の時間がかかるということです。留学したいと思いたって、では明日から、というわけにはいきません。各留学先の国や大学からは、言語能力を証明するために、一定以上の語学スコアを取得することが要求されます。また、経済的な問題や、卒業が1年延びる場合のデメリットなども考慮しなければなりません。留学目的の明確化が必要、などは言うまでもないことです。
 もう一つは、留学の準備はすべて自分で行う必要があるということです。もちろん大学は、皆さんの留学が成功するようサポートをしますが、あくまで主体となり、実行するのは皆さん自身です。言葉も生活習慣も異なる国で学ぼうとするのですから、留学の準備でへこたれることのないようにしてください。
 留学に関する手続きの詳細、あるいは相談などは神戸女学院大学国際交流センター(デフォレスト館1階)を訪ねてください。留学を決意したら、書類を国際交流センターに提出、学生主事との面談、留学願の提出、などが必要になります。
 以下に、総合文化学科の学生が応募できる留学プログラムについて簡単に紹介します。








 
  1. 1 派遣留学

    協定校と交換留学協定に基づき、授業料全額の奨学金を受ける留学です。留学中の本学の学費は3/4免除されます。
    ※留学期間も在学期間に数えられます。

  2. 2 認定留学

    協定校から「入学許可書」を取得し、「認定留学願」を提出する留学です。留学先の授業料は自己負担となりますが、留学中の本学の学費は3/4免除されます。 ※留学期間も在学期間に数えられます。

  3. 3 中期海外研修

    集中英語研修です。2年生後期または3年生の後期に実施されます。 ※留学期間も在学期間に数えられます。

  4. 4 中期英語留学

    協定校であるアメリカ合衆国ペンシルバニア州ピッツバーグにあるチャタム大学にて実施されます。英語研修と(英語力により)一般講義を履修します。本プログラムを修了した場合、履修した科目を本学の単位に認定し、留学は2年生後期あるいは3年生後期とします。 ※留学期間も在学期間に数えられます。

  5. 5 語学研修

    夏期および春期休暇中には、海外での語学研修が実施されます。現地で2〜5週間滞在し語学や異文化を学びます。研修修了者には本学の単位が与えられます。

★留学を希望する方は神戸女学院大学で学んでいる留学生の皆さんと積極的に交流してください。東京女子大学他に宮城学院女子大学の学則及び規則のもと、「特別聴講学生」として正規学生に準じて授業を履修し、単位を取得することができます。

>>もっと知りたい!
http://k-clip.kobe-c.ac.jp/