神戸女学院大学 文学部 総合文化学科
神戸女学院大学 文学部 総合文化学科
神戸女学院大学 文学部 総合文化学科

社会学・メディア

「当たり前」の
世界の成り立ちを知ります。
社会の欲するオトナでなく、
社会を作るオトナになるために。

    1. 景山佳代子 准教授
    2. KAGEYAMA Kayoko
    3. 社会学

    社会と戯れ、社会を変え、
    人生をもっと
    豊かにするために
    「学問」は存在している。

    誰もが当たり前に見過ごしてしまう何気ない日常。そこに自分だけの宝物を見いだせる「目」と「耳」を鍛えるものとして「社会学」を考えていきます。

    私はこんな人!

    1. 清水学 教授
    2. SHIMIZU Manabu
    3. 社会学・文化理論

    社会は謎に満ちている。
    自ら探偵になって

    答えの出ない
    問いにはまろう。

    「社会」を何かにたとえてみたら?まるで「動物園」それとも「テーマパーク」?ときに「無人島」ときに「監獄」。そんな社会の織り成す「ドラマ」に自覚的になってみましょう。

    私はこんな人!

    1. 戸江哲理 准教授
    2. TOE Tetsuri
    3. 社会学

    刻め、コミュニケーションを。
    社会の息遣いが
    聞こえてくる。
    家族の生きた姿が見えてくる。

    子育て支援の現場に出かけて、親・子ども・スタッフのコミュニケーションについて調べています。受けた人が自分でもどこかに調査に行きたくなるような授業ができたらと思っています。

    私はこんな人!

    1. 横田恵子 教授
    2. YOKOTA Keiko
    3. 臨床社会学

    正しさは一つではない。
    優しさも一つではない。
    でも、
    生き延びる術はただ一つ。

    見つめること、学ぶこと。

    担当している授業は主に「社会調査の方法」にかかわることです。専門演習では「芸術と社会」や、「医療と社会」について、様々な角度から検討することをゼミ生たちと行っています。

    私はこんな人!

例えばこんな選び方

社会学・メディアをメインに、「何をどう学ぶか」の組み合わせは7種類。
3年次までにやりたいことを見つけましょう。

  • PATTERN1
    【経済大国の日本。なのに
    ホームレスが多いのはなぜ?】

    1. メイン…「社会学・メディア」
    2. サブ…「社会福祉・子ども」

    「社会学・メディア」で、
    貧困が発生する社会構造について研究し、
    「社会福祉・子ども」で、
    日本の社会保障制度について学びます。